ピニャ・コラーダ

レシピをプリント

ピニャ・コラーダ

スペイン語で“パイナップルの生い茂る峠”という意味をもつカクテル。このカクテルが生まれたのは、1963年。プエルト・リコのサン・ファン市にあった”バラキーナ・バー”のラモン・ポルタス・ミンガというバーテンダーが創作したという。しかし、世に広めたのは、同市の”カリブ・ヒルトン・ホテル”のラモン・マローレ・ペレス氏。すでに彼が1955年からこのレシピを考え出していたという説もあるが、真意のほどはともかく、彼がホテルのメニューに載せて、世界へとはばたかせたことだけは確かである。ハワイ生まれのカクテル「チチ」と偶然にもレシピが一緒であったため、「チチ」の方がベースをウオッカにかえて作られるようになった。パイナップルを添える場合は、スティック状か扇状に切ってカクテル・ピンにレッドチェリーと一緒に刺して、グラスのふちにかけてもよいし、グラスの中にいれてしまってもよい。

カクテルタイプ ロング
グラス ロックグラス
テイスト 中甘辛口
アルコール度数 弱い(8度以下)
製法 シェーク

ピニャ・コラーダのカクテルレシピ(1杯分の材料)

材料名 分量
レモンハートホワイト (ラム) 30ml
パイナップルジュース 80ml
ココナッツミルク 45ml

分量表記について

分数
カクテルグラスに注いだときの適量:1(60ml) に対して
どれくらいかを表したもの。
例)2/3 ⇒ 60ml × 2/3 = 40ml
tsp ティースプーン
全体の量にプラスする形で表示。1tspは約5ml。
dash ダッシュ
全体の量にプラスする形で表示。1ダッシュは1ml。

ピニャ・コラーダの作り方

十分にシェークし、クラッシュド・アイスを詰めた大型グラスに注ぐ。
パイナップルとレッド・チェリーを飾り、ストローを添える。

ピニャ・コラーダと同じベースのおすすめカクテル

グリーン・アイズ
グリーン・アイズ
テイスト:甘口
アルコール度数:普通
ブルー・ハワイ
ブルー・ハワイ
テイスト:中甘辛口
アルコール度数:普通
マイタイ
マイタイ
テイスト:中甘辛口
アルコール度数:強い(25度以上)
チョコ コラーダ
チョコ コラーダ
テイスト:甘口
アルコール度数:普通


こんにちは、ゲストさん

ゲストさん

レビュー投稿は酒ログ会員(無料)限定サービスです。ブログを運営中の方への集客支援やPRの提供中。また、お酒のプレゼントなどイベント企画中です!


酒ログTwitter

新規商品登録

酒ログに登録をご希望されるお酒がございましたら、商品追加依頼フォームよりご連絡ください。


  1. 酒ログトップ
  2. カクテルレシピ
  3. ピニャ・コラーダ