マティーニ

レシピをプリント

マティーニ

マティーニほど数々の逸話に彩られたカクテルはほかにない。「カクテルの中の傑作」「カクテルの帝王」と称されるカクテル。映画『7年目の浮気』ではマリリン・モンローが、『007』ではジェームス・ボンドが好んで飲んだカクテルである。
レシピは時代と共に甘口から辛口へと変化し、スイートベルモットを使っていたのが、今ではドライベルモットを使うのが普通になっている。超辛口好みの、かのチャーチルは、ドライベルモットの瓶を眺めながらジンのストレートを飲んでいたそうである。
デコレーションのオリーブは、一般的に辛口カクテルのデコレーションとして使われる。甘口のカクテルにはチェリーを使う。オリーブの半径分の長さに切り込みを入れ、グラスのふちに刺すと出来上がり。その他にもカクテルピンにオリーブを指してグラスにさしわたしてもよい。

カクテルタイプ ショート
グラス カクテルグラス
テイスト 辛口
透明
アルコール度数 強い(25度以上)
製法 ステア

マティーニのカクテルレシピ(1杯分の材料)

材料名 分量
ビーフィータージン 4/5
チンザノベルモット エクストラドライ 1/5

分量表記について

分数
カクテルグラスに注いだときの適量:1(60ml) に対して
どれくらいかを表したもの。
例)2/3 ⇒ 60ml × 2/3 = 40ml
tsp ティースプーン
全体の量にプラスする形で表示。1tspは約5ml。
dash ダッシュ
全体の量にプラスする形で表示。1ダッシュは1ml。

マティーニの作り方

ステアして、カクテル・グラスに注ぐ。
オリーブを飾る。

マティーニと同じベースのおすすめカクテル

ブロンクス
ブロンクス
テイスト:中甘辛口
アルコール度数:強い(25度以上)
タンゴ
タンゴ
テイスト:中甘辛口
アルコール度数:強い(25度以上)
パリジャン
パリジャン
テイスト:甘口
アルコール度数:普通
ギブソン
ギブソン
テイスト:辛口
アルコール度数:強い(25度以上)


こんにちは、ゲストさん

ゲストさん

レビュー投稿は酒ログ会員(無料)限定サービスです。ブログを運営中の方への集客支援やPRの提供中。また、お酒のプレゼントなどイベント企画中です!


酒ログTwitter

新規商品登録

酒ログに登録をご希望されるお酒がございましたら、商品追加依頼フォームよりご連絡ください。