ギムレット

レシピをプリント

ギムレット

レイモンド・チャンドラーの小説『長いお別れ』に登場し、「ギムレットには早すぎる」という名セリフで一躍有名になったカクテル。
このカクテルが生まれたのは1890年のこと。当時のイギリス海軍では、将校にはジン、船員にはラムの水割りを毎日配給していた。海軍の軍医、ギムレット卿は、健康のためにジンをライムジュースで薄めて飲むように提唱。これがギムレットの始まりとなった。従って、ギムレットの発祥地はインド洋上の軍艦の上、と考えるのが妥当である。生のライムジュースを使うか、既製品のライムジュースを使うか、意見は分かれるが、当時のライムジュースは保存のために砂糖が加えられていたという。

カクテルタイプ ショート
グラス カクテルグラス
テイスト 中甘辛口
透明
アルコール度数 強い(25度以上)
製法 シェーク

ギムレットのカクテルレシピ(1杯分の材料)

材料名 分量
ビーフィータージン 3/4
フレッシュライムジュース 1/4

分量表記について

分数
カクテルグラスに注いだときの適量:1(60ml) に対して
どれくらいかを表したもの。
例)2/3 ⇒ 60ml × 2/3 = 40ml
tsp ティースプーン
全体の量にプラスする形で表示。1tspは約5ml。
dash ダッシュ
全体の量にプラスする形で表示。1ダッシュは1ml。

ギムレットの作り方

シェークして、カクテル・グラスに注ぐ。

ギムレットと同じベースのおすすめカクテル

コスモポリタン
コスモポリタン
テイスト:中甘辛口
アルコール度数:普通
オータム・リーブス
オータム・リーブス
テイスト:中甘辛口
アルコール度数:普通
マティーニ
マティーニ
テイスト:辛口
アルコール度数:強い(25度以上)
ブロンクス
ブロンクス
テイスト:中甘辛口
アルコール度数:強い(25度以上)


こんにちは、ゲストさん

ゲストさん

レビュー投稿は酒ログ会員(無料)限定サービスです。ブログを運営中の方への集客支援やPRの提供中。また、お酒のプレゼントなどイベント企画中です!


酒ログTwitter

新規商品登録

酒ログに登録をご希望されるお酒がございましたら、商品追加依頼フォームよりご連絡ください。