ソーミュールワインを探す

"ソーミュールワイン"とは?

ソーミュールは、アンジェのワイン産業での最も重要な地域である。特に、17世紀、オランダ人がロワール最高のワインの海外向けの販売を引き受けた時代には、取引を行う上での最重要地点だったと言われている。

ソーミュールの畑は、石灰土のチョークの丘が路頭の上で、小島のように分散している。ディヴ川右岸のプレゼ、ル・クドレ・マクアール、エピエと、トゥエ川左岸のル・ピュイ・ノートル・ダム、ル・ボデルネイがそれである。アルジャンテの小高い丘は、ソミュール地方の南西の端を示している。

ソーミュール・シャンピニーの畑は、セノン階の砂の台地と、石灰土のチョークに覆われた丘で、見事な位置を占めている。その白ワインは、かつてはヴーヴレイと同等に有名だったが、黄白化に弱い石灰質の土壌に対して抵抗力を持つ台木からは、シュナンに充分な成熟は得られなかった。その反対にカベルネ・フランからは大きな成功を収めてきた。成功を得たシャンピニーの赤の畑は、モンソローから、ダンピエール・シュール・ロワールとサン・シール・アン・ブールまでの9つの村に及んでいる。

何世紀も前から知られてきたソーミュールのA.O.C.ワインは、軽くてフルーティーでバランスもすばらしいと言われている。ブドウ畑の先駆者はクリスタル神父で、彼の痕跡は、現在、ソーミュール救済院の所有地であるクロ・クリスタルの配置に見ることができる。

ソーミュールの発泡酒(スパークリング・ワイン)の生産地帯は、ソーミュールの赤と白の非発泡酒の生産地帯よりも広い。それはマルティ二ェ・ブリアンとヴィイエまでのコトー・デュ・レイヨンの一部と、オーバンスの一帯をグレジレとクーチュールまで登った地帯に対応しており、その石灰質の下層土壌の上では、シュナン・ブランが栽培されている。高級発泡酒をつくるカーヴの大部分は、ソーミュール北西のサン・ティレール・サン・フロランにあり、サン・シール・アン・ブールの共同組合の醸造用カーブもあげることができる。

ソーミュールワイン商品を見る

検索回数の多い注目のキーワード


  1. 酒ログトップ
  2. ソーミュールワイン