サンセールワインを探す

"サンセールワイン"とは?

2700ヘクタールのサンセールA.O.C.は14の村にかかわっており、大半が家族的形態にある企業の手で、赤・白ワインとロゼワインがつくられている。

中程度の高さの丘の石灰岩質の「カイヨット」、泥灰土の「白い土地」、そして小石など、その土壌の様子からサンセール地区で生産されるワインの個性を十分に知る事ができる。 カイヨットから取れた、カシスかツゲのにおいのする優雅で上品なソーヴィニヨンの製品や、白い土地でできた、チュベロースかスイセンのトーンを持つ力強くてふっくらとしたワインや、小石か粘土質の茶色の土壌から生まれた、アカシアかエニシダの香りのワインを、カーヴごとにみつけることができるだろう。 つまり、ソーヴィニヨンは土壌の繊細さをすべて表現し、個性的にし、畑の特殊な基調が際立つ、とても多様な香りのニュアンスのなかで、それを再構成するわけである。 フレッシュでフルーティーなサンセールの白ワインは、フランスで最上のものの一つであり、近隣のワインのモデルとなっている。 ピノ・ノワールは、土壌よりも醗酵条件を反映するブドウなのだろう。ピノ・ノワールは新鮮なサクランボを思わす、好ましくて豪華な赤ワインを生産する。

パリで大流行のサンセールの赤ワインは、供給量を越えた幅広い需要を呼んでおり、ブルゴーニュ方式で醗酵されたものの中には、高級なクラスに届きそうなものもある。秋の果物を思わす、貴族的で軽やかな、直接圧搾によるロゼも、灰色ワインのグループに入る、最も完成されたもののひとつだろう。

サンセールは、土地とワインに誇りを持つ栽培家たちによる、とりわけ魅力的な人間的環境にある。なぜなら、ソーヴィニヨンで高級ワインをつくることは、容易ではないからだ。ソーヴィニヨンは第2期に成熟する品種であり、サンセールは栽培地の北限にあるうえに、その畑はフランスで最も急な傾斜の土地にある。しかも醸造は遅いシーズンのデリケートな情勢のなかで行われるのが現状である。

サンセールワイン商品を見る



  1. 酒ログトップ
  2. サンセールワイン