ピュリニー・モンラッシュワインを探す

"ピュリニー・モンラッシュワイン"とは?

ピュリニー・モンラッシュは、ムルソーとの境から、南のコート・シャロネーズに至広いブドウ栽培地を、シャサーニュ・モンラッシュと二分する村の一つである。ここには、他の大部分のブドウ園とちがって独占経営の畑は存在せず、中世に出現したこの地区が成功したのは、17世紀のことだった。

19世紀には、主として赤ワインの産地だったピュリニイ・モンラッシュは、今はほぼ白ワインだけになっており、十いくつの第1級は、ムルソーとモンラッシュの間の丘陵に結集している。 いくつかの畑(レ・コンベット、レ・ピュセル、ル・クラヴォワヨン)は顕著な繊細さを持ち、また、レ・フォラティエールではそれが「軽やかに」なっている。ル・カイユレはモンラッシュに近く、シャン・ガン、シャン・カネ、ラ・ガレンヌは、優れた赤を産出する。

シャサーヌ・モンラッシュは、白ワインと赤ワインを生産する。この村の少し先まで、ブルゴーニュの高級な白の産地は延びており、丘陵は同じ土質構成を示している。

レ・グランド・リュショットと、レ・カイユレは、特に白ワインの領域であり、シャルドネの繊細さが引き出されている。モルジョのそばの、シャサーニュとサントネイの間の白ワインの成功ぶりにも目を見張る物がある。

残りの地域は、より赤ワインに向いており(モルジョ)、ル・クロ・サン・ジャンは、崩積層のおかげで、とても繊細なワインを作り出している。かつてはブーロ種を栽培していたが、ギュイヨ式よりコルドン・ロワイア式の剪定法を用いており、その方法はワインの質の向上につながっていると言える。

ピュリニー・モンラッシュワイン商品を見る

検索回数の多い注目のキーワード


  1. 酒ログトップ
  2. ピュリニー・モンラッシュワイン