マコンワインを探す

"マコンワイン"とは?

マコンはボルドーと並ぶ、フランスワインの大銘醸地、ブルゴーニュ地方の一産地。 ディジョンの北西にやや離れたシャブリ地区を除き主要な生産地はディジョンからマコン以南にかけて集中し、南北に伸びる細長いワインカントリーを形成している。

地質構造は西から東にかけて、3本の単斜支脈に従って反復し、東に向けて向きを変えた単斜支脈を、北から北東と、南から南西に向かう縦の断層がふちどっている。反復される変化に富む起伏を見れば、水平に並ぶ岩石の固さの違いを読み取ることができる。

トゥルニュとマコンの間で、ちょうど北フランスが南フランスに変わる。マコネの丘陵の麓では、ソーヌ川が悠長な大河の速度で流れており、マコンはこのゆるやかな流れに、すべてを負っていると言っても過言ではない。行政と商業の町であるマコンは、以前からワイン商にとって重要な中心地であり、昔はこの町で販売されたり、ここから輸出されたワインは「マコンのワイン」と呼ばれていたという。

マコンはブドウ畑を持っていないのに、いくつもの A.O.C.がマコンという名称を用いている。マコンとマコン・シューペリュールと、いくつかの村の名前を併記されたマコンが、主にガメイと、さらにはピノ・ノワールから赤ワインとロゼワインを生産する。このA.O.C.のワインは、産地によってブルゴーニュ・タイプがボージョレー・タイプかに別れ、田舎風なそれらはタンニンが強い。 白ワインでは、シャルドネを唯一の品種とするマコンとマコン・ヴィラージュというふたつのA.O.C.があり、この「ヴィラージュ」という語は、生産地の村名と置き換えることができる。

軽くて香りの高いワインの成功に功績のあった協同組合は、生産量の80パーセント近くを占めている。

最高のマコン・ヴィラージュは、ユリニィとヴィレ、プリセ、クリュジルなどの村も評価が高い。

マコンワイン商品を見る



  1. 酒ログトップ
  2. マコンワイン