ハイボールを探す

"ハイボール"とは?

日本では、ウイスキーのソーダ割りだけをいうように思われがちだが、もともとはスピリッツをはじめ、あらゆる酒がベースになり、ソーダだけではなく、ジンジャー・エール、トニック・ウォーター、ジュース類など、各種のドリンクで割ったものをハイボールという。 一般的に言うハイボール、ウイスキーのソーダ割りは、ウイスキー本来の味わい・コクを際立たせ、料理の味わいも引き立てる飲み方である。

作り方は、
1.グラスに氷を一杯入れて冷やす。
2.冷蔵庫でしっかり冷やしたウイスキーを適量注ぎ、きりりと冷えたソーダを加える。ウイスキーとソーダの割合は1:3。
3.炭酸ガスが逃げてしまわないよう、マドラーでタテに1回まぜる。
爽快感を楽しむウイスキースタイルのため、炭酸ガスが逃げないよう、かきまぜすぎないことがポイント。 氷なしのハイボールはよりウイスキーの旨み・甘みが楽しめる。レモンピールで香りづけすると、爽快感がいっそう引き立つ。

「ハイボール」の語源には諸説あるが、よく知られているのがゴルフ用語の「ハイボール」説。 これは、イギリスのあるゴルフ場のカウンターでウイスキーを飲んでいた人が、急に自分の打つ順が来たことを知らされ、慌ててそばにあったチェーサーにウイスキーをあけ飲んだところ非常においしかった。そこに、たまたまハイ・ボールが飛んできたので、この名前をつけたという。 他にも開拓時代のアメリカにおいて、蒸気機関車による長距離移動のときに、途中水の補給のために停車する際、棒の先にボールをつけたものを掲げて合図した。そのときに、ウイスキーのソーダ割りのサービスがあったことによるという説、 同じくアメリカの鉄道で、ボール信号というのが一般的に使用されていた。ボールがあがっていれば go,あがっていなければ don't go である。駅員が隣の駅のボール信号を望遠鏡で見ながらウイスキーをちびちびやっているときに、ボールがハイ(high)になると、ソーダ水を入れて一気に飲み干し、駅に向かったというのが語源という説、炭酸の泡玉が立ち上ってくる様に拠るという説など、様々である。

ハイボール商品を見る


検索回数の多い注目のキーワード


  1. 酒ログトップ
  2. ハイボール