グラッパを探す

"グラッパ"とは?

イタリア特産の蒸溜酒で、ブランデーの一種。ワインを蒸溜して作る一般的なブランデーとは違い、ワインを醸造する際に出たブドウの搾りかす(ヴィナッチャ)を発酵させたアルコールを蒸溜して作る。古くは北イタリアの葡萄農家が自分たちで飲む為に作り出したお酒である。

アルコール度は40度前後とかなり高めだが、口当たりが軽やかな上に、ブドウの香りが程よく残り、心地良い甘味もある。また長期熟成を要さない為、非常に消化吸収されやすい、理想的な食後酒として好まれている。中部以北のイタリアでは、専用の様々なショットグラスを使いストレートで、またエスプレッソに数滴落として味わうのが一般的な習慣となっている。イタリアの家庭では「いくら食べ過ぎても、このお酒を一口やっておけば大丈夫」と言い訳しながら飲むという。

蒸溜酒という点では、ウイスキーと非常に良く似ているが、熟成の期間がウィスキーとは大きく違う。ウイスキーの場合は、樽からの成分が長い年月をかけてウイスキーに琥珀色と芳醇な香りを与えるが、グラッパの場合は、短期間の熟成で葡萄のブーケを残すのが特徴。そのため、大半のグラッパは無色透明をしている。 グラッパは度数が高いためリキュールを創製する際にも使用される。

EUの法律でグラッパと呼べるものはイタリアで造られたものと決められている。 グラッパはイタリア全土で造られるが、有名な町としてはヴェネツィアの北西にあるバッサーノ・のデル・グラッパがあり、グラッパによる町おこしが盛んで、グラッパ博物館もある。 また名前の由来には二つの説がある。一つは北イタリアでブドウの房を意味するgrappoloという説、もう一つは特産地であるバッサーノ・デル・グラッパ村によるという説である。 日本では馴染みの薄い酒だが、イタリア料理店の増加と共に百貨店の洋酒売り場や大型の酒類販売店などにも置かれるようになった。

グラッパ商品を見る



  1. 酒ログトップ
  2. グラッパ