ジンを探す

"ジン"とは?

とうもろこしやライ麦などの穀物を原料に糖化・発酵・蒸溜した後、杜松の実(ジュニパーベリー)などの風味をつけ造られる。 無色透明で、香り高く、切れ味の鋭い風味が特徴。

ジンは17世紀後半、オランダのライデン大学の医学教授、シルヴィウスが植民地の熱病の特効薬として、利尿効果のあるジュニパーベリーの薬酒を研究し、ジュニエーブルと名付けて、利尿、解熱、健胃剤として売り出したのが始まりであるが、同時にオランダのリキュール・メーカーが製品として発売した。 オランダで人気を集めたジンは、オランダから迎えられ英国王になったウイリアム三世と共にイギリスに渡り、高い評価を得た。

18世紀前半のイギリスでは「ジンの時代」と呼ばれるほど親しまれ、風味もドライタイプに洗練された。やがてジンはアメリカに渡り、カクテルベースとして世界的に有名になった。 「オランダ人が生み出し、イギリス人が洗練し、アメリカ人が栄光を与えた」と言われる所以である。

ジンには大きく二つのタイプがある。 オランダタイプは穀物を糖化・発酵させ、単式蒸溜器で最初の蒸溜を行い、ジュニパー・ベリーなどのを加え、もう一度単式蒸溜器で蒸溜する。香りが濃厚でストレートで飲まれることが多い。 対するイギリスタイプ(ドライジン)は穀物を糖化・発酵のあと、連続蒸溜機で最初の蒸溜を行い、香草や種子、果皮などを加え、単式蒸溜器(ジン・ポット)でゆっくりと再蒸溜する。イギリスタイプはオランダタイプに比べ、アルコールの純度が高く、香り高く爽快で世界中で広く飲まれている。一般的にジンというとイギリスタイプのロンドン・ドライ・ジンを指す。

この他、ドライジンに糖分を1~2%加え、甘くしたオールドトムジン、イングランド南西部のプリマス軍港で作られるオリスの香りの強いプリマスジン、ドイツで作られるシュタインヘーガー、ジュニパー・ベリーの他、フルーツなどで香りをつけた甘口のフレーバージンなどがある。なお日本ではフレーバージンはリキュールに分類される。

ジン商品を見る