ジュヴレ・シャンベルタンワインを探す

"ジュヴレ・シャンベルタンワイン"とは?

ジヴレイ・シャンベルタンは最大の村のA.O.C.を形成し、ブロションの南の部分に大きくはみ出している。地質学的には、コート・ド・ニュイの背斜のただ中にあり、土壌のタイプは多様なので、ワインはこうした自然の影響を受けている。丘陵には特級と第1級があり、ジュヴレ・シャンベルタンA.O.C.は麓の方にある。

ラヴォーの背斜谷の北の丘陵は、泥灰土の層に並んでいて、多くは堆積物の山に覆われている。クロ・デ・ヴァロワルとラヴォーと、クロ・サンジャックやカズティエの上部は、台地の浸食作用を受けた赤い泥土で覆われている。この砂利まじりの地層は、ワインに繊細さと優雅さを与え、一方、粘土のより豊富な下部の泥灰土は、熟成に適したワインを産出する。

北より広い南の丘陵には、すべての特級が集まっている。ブルゴーニュの赤では、歴史的な第1等の位置を占めるシャンベルタンは、クロ・ド・ベーズを含み、森と特級街道の間の丘陵の最高の部分を占めている。 石灰質の母岩、あまり重くない土壌、緩やかな傾斜、早朝から太陽光線を補捉できる東の方位。こうしたすべての条件が、シャンベルタンのワインに大輪の花を開かせる。つまりシャンベルタンには、ボディー、色調、ブーケ、繊細さ、力強さで、なにひとつ欠けるものがないのである。

シャンベルタンの南北の近接地には、それ以外の特級の畑が並んでいる。 また、特級街道の東側では、シャンペル・シャンベルタンと、グリヨット・シャンベルタンが、好ましい中気候に恵まれた窪地を生かしている。

ジュヴレイ・シャンベルタンA.O.C.の生産地域では、第1級と国道74号線に挟まれた斜面の低部に位置するワインが、かなりコクのあるワイン。タンニンの豊かなそれらのワインが保存に向くのに対して、国道の東側のラヴォーの背斜谷の扇状地と、より砂利の多い土壌からできるワインは、若いうちから香りの良さと繊細さを表現する。両者をブレンドすれば、完成度の高いワインができるが、そうではない場合もあり、レ・クレはそれを単独で製品化している。

ジュヴレ・シャンベルタンワイン商品を見る



  1. 酒ログトップ
  2. ジュヴレ・シャンベルタンワイン