コート・デュ・ローヌワインを探す

"コート・デュ・ローヌワイン"とは?

ブルゴーニュ地方の南、ローヌ川流域のワインは、コート・デュ・ローヌの名前で知られている。 フランス南部に位置するため、太陽に恵まれ、赤ワイン、白ワインともにアルコール度数が高く、濃厚な味わいと強いブーケがこの地方おワインの特徴となっている。赤ワインが圧倒的に多いが、ロゼやスパークリング・ワインなどもつくっている。

コート・デュ・ローヌのワイン産地は、ローヌ川を流域に北から南まで、約200キロメートルにわたって連なっている。北地区と南地区に分けて考えることができるが、現実には半分以上がコート・デュ・ローヌの名前で売られている。

使われるぶどう品種は20種類ほどあり、1品種のみでなく、数種のぶどうがブレンドされることが多い。 赤ワイン用にはシラー、グルナッシュ、また白ワイン用にはルーサンヌ、マルサンヌ、そしてヴィオニエなどが使われるが、地域による特徴としては、赤ワインは北部はシラー、そして南部ではグルナッシュが主体となっている。

北部地区の赤ワインは、シラー種が主体である。シラー種でつくられたワインは、若いうちは非常に渋みが強いが、熟成に年月をかけると味に丸みが備わる。色は濃いルビー色をしている。 代表的なワイン産地は、コート・ロティ、コンドリュー、シャトー・グリエ、エルミタージュそしてクローズ・エルミタージュ。などがあげられる。 特にエルミタージュは北地方の代表的な産地で、赤、白ともに香り高いワインが特徴である。赤はシラー種を中心にでつくられ、腰が強いため、香りの強い料理にも負けないしっかりしたワインとして知られている。

南部のブドウ畑はローヌ河の扇状平野に広がっているため、生産規模も大きく、フランスでは多産地帯に属している。 代表的なワイン産地は、ダヴェル、シャトー・ヌフ・デュ・パプ、リラック、ジゴンダス、ラストー、ミュスカ・ド・ボーム・ド・ヴニーズ、コトー・デュ・トリカスタン、コート・デュ・ヴァントゥ、コート・デュ・リュベロンなどがあげられる。 中でもフランスきってのロゼの名産地として名高いタヴェル、そしてコート・デュ・ローヌを代表する赤ワインの名産地であるシャトーヌフ・デュ・パプは、コート・デュ・ローヌを語る上で、最も重要な地域であるとも言える。

コート・デュ・ローヌワイン商品を見る



  1. 酒ログトップ
  2. コート・デュ・ローヌワイン