シャトー・ラネッサンワインを探す

"シャトー・ラネッサンワイン"とは?

「シャトー・ラネッサン」はキュサックのサン・ジュリアンのコミューンの真南、グリュオ・ラローズの大きなブドウ畑の?反対側に位置するキューサック村にある。 土壌はガロンヌ川からの砂利地。

現在ブドウ畑を所有、経営するのはブーテイエで、40ha の畑は、新しい作付けにより毎年面積を増やし続け、2万ケースを超える生産をあげている。

ラネッサンはオー・メドックのアペラシオンの中でも傑出したワインのひとつと言われている。メドックのワインの格付けをやり直せば、おそらく第5級シャトーの 地位が真剣に検討されるワインでとも言われている。

品種はカベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロ25%、その他カベルネ・フランやプティ・ヴェルド。 長熟ワインとして知られている「シャトー・ラネッサン」は深みのある色と、たくましくてスケールの大きな枠組みを持つ、噛みごたえのある舌触りの、強烈な味わいに富んだワイン。 力強く、 独立した存在感があって、スタイルと個性において、どこかポーイヤックの5級、 シャトー・ランシュ・バージュに似ている。

発酵とマセラシオンは温度管理されたコンクリートタンクで12日~18日行われ、槽内マロラクティック後、新樽に5%移した後、熟成、清澄、ろ過を経て瓶詰めされる。 ラネッサンの出来栄えにムラがあるのは、ワインの熟成に古い樽を使うというシャトーのこだわりに原因の一部がある。もしかしたら毎年の新樽の比率が低いのでたくましいワインが生まれているのかもしれない、という説もある。

1890年以来、同じ一族が所有している美しいシャトーは、現在美術館として一般公開され、数々の馬車や馬具の収集を展示している。

シャトー・ラネッサンワイン商品を見る


検索回数の多い注目のキーワード


  1. 酒ログトップ
  2. シャトー・ラネッサンワイン