シャトー・ラフィット・ロートシルトワインを探す

"シャトー・ラフィット・ロートシルトワイン"とは?

「シャトー・ラ・フィット」はメドック最高のワイン産地と言われるポーイヤック村の北端に位置している。 ラフィットの領地は面積およそ 123ha、そのうち100haがブドウ畑になっていて、85万本のブドウの樹が植えられている。しかし、収量は通常認められているよりも低くおさえられており、ここ10年の平均では収穫量は1haあたり35hl。葡萄の樹1本あたりに換算すると、10分の4リットル、つまりボトルにして約半本分になる。この歩留まりの低さこそ、そのまま高品質の証しとも言える。

ブドウ品種は、メドックの代表的な葡萄であるカベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロ20%、カベルネ・フラン10%。 醸造には頑なに伝統が守られている。葡萄は発酵を終えたのち、すべて自家製の新樽に入れて熟成される。新樽を使うことにより、オークの樽材から、さまざまなニュアンスがワインの中に溶け込み、品質の向上につながる。

このように、こまやかな愛情と手間ひま、そして細心の注意により、エレガントなブーケと豊かなボディを持った、あの"比類ない"といわれるワインが育てられている。シルクのようなきめ細かさ、アーモンドとすみれの香りを秘めたエレガントな芳香、酸味とコクの結びついたバランスの良さ―理想の赤ワインがそなえているすべての条件を「シャトー・ ラフィット」はくまなく発揮させている。しかも、これらの美点が非常に長く続くこともこのワインの特徴。

世界最高峰のワインとしての品質を保持するために、シャトーが所有するブドウ畑でつくられるワインのうち「シャトーラフィット・ロートシルト」のラベルで世に送りだされるのは、厳選されたごく一部のワインに限られている。それだけに、これらのワインは、それまでわが国ではごく少量しか輸入されていなかったが、サントリーが「シャトーラフィット・ロートシルト」と業務提携を結んだことにより、 「ラフィット」とその傘下のシャトーワインについて、わが国でのメインディストリビューターになった。

シャトー・ラフィット・ロートシルトワイン商品を見る


検索回数の多い注目のキーワード


  1. 酒ログトップ
  2. シャトー・ラフィット・ロートシルトワイン