シャトー・ボーモンワインを探す

"シャトー・ボーモンワイン"とは?

「シャトー・ボーモン」は、サンジュリアン村とマルゴー村の中間に位置するキュサック村に位置している。 ボーモン(美しい山)の名の通り、なだらかな斜面がガロンヌ河に向かって続いており、ワインづくりに最適な微気候を形づくっている。105haにおよぶ畑の土壌は、全体がほぼ均質な砂まじりの礫土壌。ガロンヌ河に向かって続く典型的ともいえるグラーヴ(砂利土壌)の美しい丘が形作るテロワールである。フランスワインの権威として知られるエミール・ペイノー博士も「サンジュリアンに似た土壌で、畑としてのポテンシャルはグラン クリュに匹敵する」と高く評価している。 またマンサール様式建築の粋ともいえるシャトー・ボーモンは、オー・メッドックで最も美しい城館にも数えられている。

シャトーの歴史は古く、フランス革命以前からすでにここには小さな城があり、"シャトーボーモン"と呼ばれていた。しかし、残念ながら1789年の革命は、すべての古文書を無に帰さしめてしまう。現在のシャトーはその後1854年に、ルーブル宮殿と同じマンサール様式に従って建造されたものである。

「シャトー・ボーモン」は、フランスの保険会社GMFグループと、サントリーの共同出資によるグラン・ミレジム・ド・フランス社が、ボルドー・メドック地区で経営しているシャトーのひとつである。

ブドウ品種はカベルネ・ソーヴィニヨン62%、メルロ30%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド3%。近代的な技術と伝統的な醸造法を組み合わせ、力強く、かつエレガントで調和のとれたまろやかなワインをつくり上げている。  ワインの風味は女性的なマルゴーと、より力強いサンジュリアンとの中間的な性格を有している。また、比較的早くから楽しめるメドック・ワインで、しなやかな果実味と複雑さが人気を博している。

シャトー・ボーモンワイン商品を見る


検索回数の多い注目のキーワード


  1. 酒ログトップ
  2. シャトー・ボーモンワイン