ブルゴーニュワインを探す

"ブルゴーニュワイン"とは?

ブルゴーニュは、ボルドー、シャンパーニュと並んで、フランスワインの中でも最も有名な産地の一つで、赤、白ともにすぐれたワインを生み出している。ブルゴーニュの赤は、ボルドーの赤に比べ、一般的に明るく澄んで、タンニンが少なく、グリセリン分を多く含んでいる。そのため、やや甘味が感じられ、アルコール分が幾分高めでも飲みやすいのが特徴である。 一方、ブルゴーニュの白は、ボルドーと異なり、すべて辛口。しかし、辛口でもコクのあるワインは飲むうちに口の中にわずかな甘味を感じる事もある。

ブルゴーニュのぶどう畑は、ボルドーのように生産者(シャトー)単位で畑が区分されているのではなく、一つの畑に数人、多い場合には数十人の栽培者がいることがほとんど。また、一人の生産者が数カ所ないし数十カ所の畑でぶどうを栽培し、多くのワインの銘柄を揃えていることもある。これはフランス革命により、もともと協会の所有だった畑が、小さく分割されて、地元農民に払い下げられ、それがさらに相続を重ねるにつれて、細切れにされたことに由来している。したがって、同じ名前の畑でとれたぶどうを使っても、所有者が違えば、おのずとワインづくりにも差が生まれ、その品質や個性にも影響してくる。

ブルゴーニュの主なぶどうの品種は、赤ワイン用には、ピノ・ノワール、ガメ、そして白ワイン用にはシャルドネが使われ、そのほかピノ・ブラン、アリゴテが使われている。 ブルゴーニュのワインは、ボルドーのように何種類ものぶどうを使う事はしない。ほとんどの白ワインはシャルドネだけで、また、ボジョレーを除いた赤ワインの多くはピノ・ノワールだけからつくられる。

ブルゴーニュのワインの産地には、シャブリ、コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、コート・シャロネーズ、マコネー、そしてボジョレーがあげられる。 また、ブルゴーニュの畑は、ワイン法により、そのひとつひとつが格付けされている。最も格の上のものは、グランクリュ、そしてその次にプルミエクリュと指定されている。この格付けのクラスに応じて、価格も左右される。

ブルゴーニュワイン商品を見る



  1. 酒ログトップ
  2. ブルゴーニュワイン